リビング新聞の記事

「漢方よもやま話」より

風邪は症状、体質に合わせて
 師走とも呼ばれる忙しい12 月もすぐそこです。寒さが本格的になるこれからの時季、風邪をこじらせて寝込んでしまうことは避けたいものです。
 さて、風邪にもさまざまなタイプがあります。症状によって適する漢方薬が異なりますので、風邪に用いられる漢方薬を幾つか紹介しましょう。
 有名な葛根湯(かっこんとう)は、風邪の引き始めに用いられることが多いものです。寒気がして、肩や首がこわばり、食欲が落ちてなく、体力 がある人に使われます。症状が弱く、虚弱な人には桂枝湯(けいしとう)が適することがあります。
 くしゃみを連発し、水のような鼻水が多く出る場合は小青竜湯(しょうせいりゅうとう)が適することが多く、体力がない虚弱な高齢者などには 麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)が使われます。
 また、インフルエンザのような筋肉痛や関節痛を伴い、高熱などの激しい症状がある風邪には、麻黄湯(まおうとう)が適する場合があります。しかし、麻黄湯は体力がある人に適した薬ですので、虚弱な人に使うときには注意が必要です。
 他にも、小柴胡湯(しょうさいことう)、香蘇散(こうそさん)、参蘇飲(じんそいん)など、多くの漢方薬が症状と体質に合わせて使い分けられます。
 風邪は症状の変化が速いことがあり、漢方薬の使い分けはなかなかやっかいです。専門家に相談しながら、上手に利用しましょう。