リビング新聞の記事

「ここが知りたい漢方」より

漢方薬の価格の相場は?
 漢方薬の剤型にはいろいろな種類があり、効果も価格もそれぞれ異なります。
 毎日飲む薬のことなので価格が気になる人も多く、漢方薬の価格はよく尋ねられる項目の一つです。今回は、寿元堂薬局での漢方薬の1日分のおおよその価格を紹介します。これはほぼ全国的に通用する漢方薬の相場と考えてもよいでしょう。
 最も手軽で漢方薬の味やにおいが苦手な人でも飲みやすい「錠剤」は、多くの場合、約2週間分の薬が入った1箱単位となっています。1箱3500〜5000円程度のものが多く、1日分が200〜400円です。
 味やにおいにあまり抵抗がないという人に適した「顆粒( かりゅう)」は1日分が300〜500円程度。
 「煎じ薬」は1日分が600〜800円程度です。
 煎じ薬は漢方薬本来の形で、品質の良い生薬(しょうやく)を用いれば、効果を最も良く引き出せます。価格の数字だけ見れば高価に感じる人も多いかもしれませんが、以前から、漢方の煎じ薬の相場は〝駅弁1食分〞ともいわれてきました。原料の生薬の値上がりが続いている現在、この煎じ薬の価格は高価とはいえないでしょう。
 また、煎じ薬を煎じるときのにおいや手間を負担に感じる人がいます。そんなときに便利なのがアルミパック。これは、専用の装置を使って煎じ薬を作り、1回服用分ごとにアルミパックに詰めたものです(薬代とは別に手数料が必要)。
 アルミパックの煎じ薬は、手間がかからないだけでなく、数カ月の長期保存も可能です。忙しい人や、旅行に煎じ薬を持って行きたい人などに重宝されます。
 その人の生活スタイルに合った薬の剤型を選んで、漢方薬の形を選べばよいでしょう。
 しかし、漢方専門薬局の立場から見ると、剤型による効果の限界を感じる場合も少なくありません。手軽なもので思うような効果が得られず、剤型にこだわりがない場合は、煎じ薬を試してみてもよいでしょう。
 漢方薬は専門家に相談しながら上手に利用しましょう。