生活情報紙「さりお」の記事

「漢方よもやま話」より

気になる漢方薬の1日分の価格
 毎日飲む薬のことですから、当然、価格は気になるところです。
 今回は寿元堂薬局での漢方薬の1日分の価格を紹介しましょう。
 漢方薬にもいろいろな剤型がありますが、最も手軽な剤型は錠剤です。
 漢方薬の味やにおいが苦手な方でも飲みやすく、1箱単位で3500〜5000円程度のものが多く、1日分が200〜400円くらいです。
 味やにおいにあまり抵抗がない方に適した顆粒剤は、1日分が300〜500円程度です。
 漢方薬本来の形である煎じ薬は、1日分600〜800円の範囲だと考えればよいでしょう。
 品質の良い生薬(しょうやく)を用いた煎じ薬であれば、効果を最も良く引き出せます。
 煎じ薬の相場は駅弁1食分といわれてきました。決して安くはありませんが、生薬の価格が高騰し続けている今、全国的にも基準にしてよい価格かもしれません。
 しかし、煎じ薬には煎じるときのにおいや手間を負担に感じる人がいます。そんな人には、専用の装置を使用し、1回服用分ごとに煎じ薬をアルミパックに詰めたものが便利です。封を切ればすぐに飲むことができます(薬代とは別に一定の手数料が必要)。
 持ち運びが簡単な上、長期保存も可能なため、重宝していただくことが多いです。
 自分の生活スタイルや適する効果が得られる剤型を選んで、上手に漢方薬を利用しましょう。