TOP 漢方薬の価格
漢方薬は高価?  世間では漢方薬は高価だということをよくいいます。
 たしかに普通の薬局・薬店にある薬よりは高価なものが多いのですが、本当に漢方薬は高価なのでしょうか。
 私を含めて、まじめに漢方に取り組んでいるものからみますと、漢方薬が高価というよりも、“不必要な高貴薬や多種類の漢方薬”を飲んだり(飲まされたり)、健康食品やサプリメントなどを”漢方薬と同じように必要なもの”と錯覚させたりなど、“漢方商法”といってもいいような営業方法が漢方の高価なイメージを作り上げているような気がします。
 ちなみに寿元堂薬局では、85%以上の人が一種類の漢方薬だけを持ち帰っています。(※漢方專門薬局の実際「服用した漢方薬の数」参照)
 また、寿元堂薬局を含めて、本来の漢方薬局は中国の薬やサプリメントに頼ることは稀です。
漢方薬の通常の価格は?
 薬局で扱われる漢方薬の多くが箱に入っています。これらは、一箱(一瓶)で10日~30日分の薬が入って、約3000円~1万円程度のものが普通です。
 専門薬局に多いのですが、何日分かずつ小分けにしてくれる薬局があります。その場合は1日分の価格になりますが、一部の特殊なものを除いて、通常は以下の範囲です。
漢方薬の種類 せんじ薬 顆粒剤 錠剤
1日分の価格 500~800円 300~500円 200~400円
なかには、高価な漢方薬もあります
 漢方薬の通常の価格は上記のとおりですが、中には高価な薬があります。
 昔から”金と同程度の価格”といわれる牛黄(ごおう)をはじめ、鹿茸(ろくじょう)、熊胆(ゆうたん=くまのい)、麝香(じゃこう)などです。
 熊胆、麝香は野生動植物に関する国際条約で保護されており、正当に使用できるものは以前よりもさらに高価になっております。
 また、人参、サフランなども、求め方によっては高価になります。
 このような高貴薬は、効果を確かめながら、それなりの価格(1ヶ月分が4~5万円から15~6万円くらい)を納得して飲むものであって、漢方薬の一般的な価格の参考にはなりません。
Copyright © 寿元堂薬局. All Rights Reserved