TOP 漢方專門薬局の実際 前のページにもどる
目次
扱った疾患の大別
相談が多かった病気
よく利用される分野
相談者の年齢・性別
利用された剤型
服用した漢方薬の数
アレルギーの病気
皮膚の病気
痛みの病気
女性の病気
漢方あれこれ
漢方を試してみたい病気
漢方薬の効き方の実際
服用した漢方薬の数
 一人の方に寿元堂薬局で飲んでいただいた漢方薬の剤数です。ここでは詳しいデータがそろっていた平成17年について調べてみました。
 これを見ると、実に85%以上の人が一種類だけを持ち帰っています。このことから、ほとんどの相談に対して、一種類の漢方薬で対応できていることが分かります。なお、二種類以上を持ち帰った人は、多い順に次のいずれかのケースです。
複数の病気や症状があり、複数の漢方薬で対応せざるを得なかった。
複数の漢方薬を組み合わせて、別の漢方薬(加味方(かみほう)や合方(ごうほう))として飲んでもらった。
相談者が、常備用の風邪薬などの漢方薬を希望した。
効果を高めるために、やむを得ず、一つの病気に複数の漢方薬や生薬(しょうやく)を使った(通常、最初から複数の薬を服用することはありません)。
民間療法として、二種類以上の薬草を同時に用いた。
相談者が、漢方薬のほかに薬草や健康食品を希望した(私自身は、相談者に対して、薬草や健康食品などの必要性を感じることはほとんどありません)。
 ところが世間には、これらの理由がなくても、一度にたくさんの種類の漢方薬、サプリメント、健康食品などを飲んでいる人がいます。
 漢方薬は、体質と症状に適したものを服用すれば、十分な効果が得られます。よく効くようにとたくさんの種類を飲んでも、無駄になることが多いでしょう。そして、漢方薬は高価なのに効かないといった、誤った評価につながるのは残念です。
Copyright © 寿元堂薬局. All Rights Reserved